地区TOPに戻る 宵闇の神殿(追加キャラクター作成/要ログイン) 異界(クリエーター個室) 華羅市役所(イベント情報・キャラクター検索・交流所検索) 蛙屋不動産(交流所契約) 瀬羅図書館(サンプル・イラスト・シチュノベ・リプレイ閲覧) 棗屋(アイテム購入・アイテム申請) 華羅皇神社(依霊珠入手・霊技習得・霊格上昇) 神凪探偵事務所(シナリオ参加・リプレイ閲覧) タイガ警備保障(シナリオ参加・リプレイ閲覧) オカルト研究会(シナリオ参加・リプレイ閲覧) 万華鏡回廊(シナリオ参加・リプレイ閲覧) ログイン
一門キャラクターシート(要ログイン) サイトマップ



業魂(キャラクターシート)

 
  業魂


灰原 悟
(はいばら さとり)
宵闇の者アイコン 業魂アイコン
大学生
芹沢千雨付き特別研究員

キャラクターID a1448gp

性別/見た目 女 /  20歳
誕生日 6月22日

髪の色
瞳の色
肌の色
利き腕 両手
体型/身長 細身 /  標準
印の場所 背中



自分のことを「私」と呼ぶ
他人の事は「(姓)+さん」と呼ぶ
もっぱら「礼儀正しく」 話す
目上の人には敬語を「使用する」
語尾は「です。ます。けれど」




攻撃 □□□■□ 防御
理性 □■□□□ 感情
狡猾 □■□□□ 純真
協調 □□■□□ 自主
仕事 □□■□□ 恋愛
現実 □■□□□ 神秘

一体化時HP 8.2
小数点以下切捨
一体化時
状態異常抵抗率
50%
イニシアティブ 42
暴走率 0%
霊格(累積) 42(127)
業種 ハニヌシ
武器形態 シールド属
性質 金属系




趣味 智いじり 世羅図書館の蔵書閲覧

外見的特徴 陶器の人形のような、無機質な印象を与える少女

常に無表情で声音にも感情が伴わないので、初対面の相手が抱く印象は大抵「人形みたい」
尤も、割と分かりやすく色々とやらかす為、その印象はすぐに薄れると思われる。何考えてるかはサッパリだろうが
智をいじっている時などは誰が見ても分かるほどの楽しげなオーラを纏う。でも無表情
中学三年の末頃に一気に成長して、実は智よりも背が高い。が、何故か小柄な印象を与える

学校では季節問わず常に冬服(ニットベスト)を着用している
私服および擬態は和服だが、靴はスニーカー
ちなみに擬態の和服は無数の蜘蛛の巣と鎖の模様という、何だか凄い柄

智の友人に教わって自作したブレスレットを付けている
三日月型の月長石の内円に、球状の日長石を嵌め込み円とした物を、濃い茶色の紐で結んである

魂命石は鉄色の珠
魂約の鎖は前髪の中央の一房が額の辺りから変化するような形

一体化時には金属質の巨大な盾、所謂タワーシールドと呼ばれる類のもので完全に身体を隠せる
尋常でなく硬く、尋常でなく重い。まともに行動が出来ないので一体化すると賢の戦闘力は激減する
魂命石は盾の裏側中央

腰の後ろに腕を持っていくのがお決まりのポーズ

プロフィール ある理由から宿業の儀式によって生まれた
賢は自分の都合で生み出す事に抵抗があったようで負い目のようなものを感じているが、
悟自身は自分という個を与えてくれた事に感謝の念を抱いている

“智の妹”という認識をしており、彼女の事は「姉さん」と呼ぶ。智にとっても可愛い妹
智の賢に対する好意にもすぐに気づき、賢の事を「義兄さん」と呼ぼうとした
(即座に却下されたため、仕方なく「賢さん」と呼ぶ)
ちなみに、賢の事は信頼しているが肉親という認識はしていない。あくまで“義理の兄”らしい

口調は礼儀正しいが、素気ないうえにやや毒舌でクールな印象を与えがち
とことんマイペース。根本的に空気を読めない賢と違い、読んだうえであまり考慮しない
但し、こと悪戯に関しては積極的に加担する。無表情のままで
知識は豊富で精神年齢も高いが、時折妙なノリの良さを見せる。無表情のままで

ごく普通の食材から毒物や未知の物体を生成する謎のスキルを所持
神出鬼没。異常に勘が良い。異様に器用。理不尽なまでに物事に動じない
智をいじる事と、場に混沌をもたらす事を趣味(?)としているが、真意は謎である

座右の銘は妙計奇策

メモ 相手を問わず常に同じ口調と態度。挨拶は常に「ごきげんよう」
同じ苗字の人間が居ても基本的に苗字呼び。名前で呼ぶ相手は一門を含めても数人しか居ない

一言で評すると『クールな悪戯っ子』
賢と智をくっつけようとしているハズなのだが、本気で二人をくっつける気があるのか判断に苦しむ言動も多い
念願叶って(?)2人は付き合い始めた訳だが、今度は結婚という展開でいじり始めた

智のリアクションを見ている時や、“智の妹”と認識してもらえた場合などに、笑顔を見せる事がある
笑顔といっても、“無表情のまま口元だけニヤニヤ”といった感じなのでちょっと怖い

一門で唯一「オーケー(オッケー)」と言わない。だからどうしたと言われると困るが

背後の電波受信機。メタな話も普通に喋ります。交流所やスレッドの方向性によっては電波受信度が高め
突っ込まれると「お気になさらずに」の一言で回避。単に悟の口癖となった感も
イラストは中学時代のもの。設定上は歳相応に成長しているんですが、何故かイラストくらいに見えるという

【何か】
ある点において、愚とは同質にして対極の存在

脳内CV:名塚佳織さん
脳内イメージシンガー:倉橋ヨエコだった女性
イメージタロット:悪魔



アイコン
連携霊技名
発動時の台詞
発動タイプ
曲突徙薪・黄泉誘 さて、どれだけ有効か 連続発動
発動描写
きょくとつししん・よみいざない
霊気の力場で対象を包み、敵の注意を引き付けると同時に、ダメージ引き受けと耐性も得る
対象が黒瀬一門か、重魂している際の別の一門かで演出が異なる。賢達の場合は以下
別の一門の演出は単体霊技の項目を参照のこと

賢:蜘蛛の巣 智:無数に舞う白い羽根 愚:トランプのカード 悟:無数の鎖

一体化せずに賢と悟双方に発動し、回避重視の行動を取る事も多い

連携スキル

アイコン
連携霊技名
発動時の台詞
発動タイプ
穢祓・金剛不壊 同時発動
発動描写
けがればらい・こんごうふえ
ダメージ軽減と体力上昇霊技のセット。智曰く「超合金ニュー某なみ」に堅くなるとかなんとか
実際、乾坤一擲の効果もあって滅多な事では潰れなくなる。……相手が単純な霊的攻撃のみを使ってくる限り、だが

連携スキル

アイコン
連携霊技名
発動時の台詞
発動タイプ
穢祓・五運六気 同時発動
発動描写
けがればらい・ごうんろっき
霊気の力場で対象を包んで傷を癒し、異常を浄化する

対象を中心とした地面に青・赤・黄・白・黒、計5色の力場が出現
それぞれが線で結ばれて五角形および五芒星を形成し、対象を包む形で内側に光の柱が出現する
回復効果はこの光の柱部分にあるため、発動から回復まで僅かながらタイムラグがある
ちなみに、光の柱は軽傷ダメージ程度の威力の物理現象なら弾く事ができる……かもしれない

連携スキル

アイコン
連携霊技名
発動時の台詞
発動タイプ
紛祓・限界解除 同時発動
発動描写
まがいばらい・げんかいかいじょ
通称“紛祓” 旧名・エセ限界解除。黒瀬が伝える技、限界解除のもどき
電光石火による能力強化と堅忍不抜による痛覚鈍化が何かそれっぽいから、との理由で智が呼び始めた
それっぽさを追求するなら、仁王手と跳躍乃脚あたりも欲しい所
名前が適当だったりと、有用な割に微妙に扱いが悪い。最近は霊力不足により外される有様である

連携スキル

アイコン
連携霊技名
発動時の台詞
発動タイプ
穢祓乃盾 盾には、こういった使い方もありますね 同時発動
発動描写
けがればらいのたて
自身の武器形態を模した霊力の盾を具現化させる
魂命石があるべき部分にはハニヌシの印が刻まれている

今のところ、何故か身を守る以外の方法で使われる事が多い

例1:頭上に掲げたところを賢が足場代わりに利用
例2:賢や智が攻撃する際、壁代わりに叩きつけて衝撃を逃がさないようにする
例3:愚が銃撃する際、跳弾に利用する

などなど。何か間違っている気がするが、こうした利用法を実行できる辺り、悟も只者ではない
台詞は上記のような使い方をされた時のもの

ちなみに悟の体格と盾のサイズの関係で“きちんと構えられない”という、致命的っぽい欠点がある

連携スキル