地区TOPに戻る 宵闇の神殿(追加キャラクター作成/要ログイン) 異界(クリエーター個室) 華羅市役所(イベント情報・キャラクター検索・交流所検索) 蛙屋不動産(交流所契約) 瀬羅図書館(サンプル・イラスト・シチュノベ・リプレイ閲覧) 棗屋(アイテム購入・アイテム申請) 華羅皇神社(依霊珠入手・霊技習得・霊格上昇) 神凪探偵事務所(シナリオ参加・リプレイ閲覧) タイガ警備保障(シナリオ参加・リプレイ閲覧) オカルト研究会(シナリオ参加・リプレイ閲覧) 万華鏡回廊(シナリオ参加・リプレイ閲覧) ログイン
一門キャラクターシート(要ログイン) サイトマップ



宵闇の者(キャラクターシート)

一門キャラクターシート
宵闇の者 業魂


卯佐見 綿子
(うさみ わたこ)
宵闇の者アイコン 業魂アイコン
たこ焼き屋見習い
新月に嗤うエンプーサ

キャラクターID a6398hp

性別
誕生日 2月22日

実年齢 38歳
見た目 27歳

髪の色
瞳の色
肌の色
利き腕 両手
体型/身長 細身 /  やや高い



自分のことを「自分」と呼ぶ
他人の事は「(名)+さん」と呼ぶ
もっぱら「口数少なく」 話す
目上の人には敬語を「使用する」
語尾は「…」




攻撃 ■□□□□ 防御
理性 □□■□□ 感情
狡猾 □□■□□ 純真
協調 □□□■□ 自主
仕事 ■□□□□ 恋愛
現実 □□■□□ 神秘

属性
クラス 奏でる者



趣味 腹話術で一人ボケツッコミ、酒のラベル集め

外見的特徴 どこかぽやんとした感じの女性。
大体の場合で笑顔を浮かべていることが多い。
時折他人を見つめる目が肉食獣のものになっていたりするが…。

赤い瞳にストレートの白い髪。見事にアルビノ風味。
以前は染めてたけど、この町アルビノ多いから染めるのやめた。面倒だから。
たまに一房だけ染めてたりする。
日焼けしやすいので、肌は極力露出しない。
動きやすいパンツルックが基本。
人前に出るときは帽子をかぶることが多い。

背中一面に酷い火傷の跡あり。
放射状に広がったケロイドがある意味翼のように見えなくもない…かもしれない。
他人に見せようとは思わないが、見られてもやはり何も思わない。

あと細身だけどおっきいです。何が、とは言わない。

自分の見た目を理解した上で、効率的に使うタイプ。
妖艶な笑みは普通の男ならコロっと行くらしい。
天然なのか計算してるのか、見た目からでは判断つかぬのがまたなんというか。

身長171cm、体重は50kg前後、カップはC~Dだとか。

プロフィール 見事なまでの記憶喪失。
華羅市には気がついたら辿り着いていた。
自分の過去についてはどうでもいいらしく、日々を適当に暮らしている。

とにかく話さない。話せないではなく『話さない』
ただ仕草と(あまり動かないが)表情、何よりも瞳が口以上に雄弁に意思を伝えるので日常では困らない。
そもそも自分は困らないので、口を開くことがない。
…だと不便だと思ったのかどうかは知らないが、腹話術を会得している。
それすらも滅多に使うことはないが。実は声帯模写も可能だったり。

人間離れした怪力の持ち主。
特に瞬発力に優れる。反応速度も速い。
聴力も相当いいようで、まさに兎。
一般常識は欠けているというより元から存在していないと言ったほうが早い。
加減とかわかってないので生半可な指定をすると大変な目にあう。
倫理観の欠如が著しく、気に入った人間はいきなり押し倒したりすることも。
好みは十代後半~二十代前半の男性だが、気に入ったら年齢性別不問。中学生以下には手出ししない…はず。
大概の場合は「美味しそう」と評される。

相棒のことは「カメさん」と呼んでいる。
名前で呼ぶよりこのほうがしっくり来るそうだ。
自身も「うさこ」と呼ばれるのを好む。

メモ 全身図、一体化全身図、BU:匠成織様
アイコン:Miyu様

会話の際の台詞は『』くくり。

実年齢は(見た目20歳当時)21歳で提出したはずが、役所が間違えたらしい。
どうでもいいので放置してる。

単純な戦闘能力ならば、一体化しない方が断然強い。
石が砕けないのでするしかないわけだけれど。
運がよければナイフで人の首をはねることができる程度の能力とか。

満月の前後には何かのはずみで、瞳がいつも以上に危険な輝きを帯びることがある。
そうなると夜にふらりと外へ出て行こうとするので、カメさんはこの時期大変らしい。
しかも朝になると当人は月が出ている間のことさっぱり覚えてないし。
あとカメさんがものすごくへろってます。まぁだいたいお察しください。

無邪気が故の残酷さ。

ちなみにたこ焼き屋を始めた経緯。
2回目の満月の後、カメさんから相談を受けた大家さんが
「店でもやらせてみたらどないね」と空き店舗を提供してくれて今に至る。

「見ろ…あれが華羅市最強にして最凶、そして最狂の肉食兎だ…!」※ただし性的な意味で
という煽り文句をいただいた。否定できないのがなんとも←