地区TOPに戻る
〜 業 魔 フ ツ ス サ 〜  <全体イベント>
華羅皇神社神主 御門重信
フツスサの里、という場所があるのじゃが、そこが全滅したらしい……
お主達には里の現状を調べてきて欲しいのじゃ。
里には多くの業魔が徘徊しておる。単独での行動では大きな成果を得られる可能性は低い。
陽動部隊と同時に調査部隊を突入させる。
それぞれの役割分担がいかに効率的に機能するかが今回の肝じゃな。
●概略
 複数のライターで一つの物語を共有し、様々な視点から描写する全体イベントです。
 今回のテーマ「フツスサ解放の裏舞台」に基づいて、複数のシナリオが公開されます。

 各シナリオのリプレイ内容は、関連シナリオ全体の総合結果の影響を受けます。
 単独のシナリオのみのプレイング判定上では成功していても、リプレイ内容としては失敗判定として描写される可能性があります。
 総合結果によって、全体に与える影響が異なります。

●スケジュール
【シナリオ参加受付期間】  11月23日(土)00:00 〜 11月29日(金)23:59
【プレイング&相談期間】  12月01日(日)00:00 〜 12月08日(日)23:59
【総合結果&リプレイ公開】  12月27日(金)

ページTOPへ
●参加キャラクターへの報酬
【アイテム】  フツスサのみが習得できる霊技が封印されたアイテム1つ
【称号】  真実の探求者

●全体への影響
【大成功】  裏舞台が大幅に公開情報となり、華羅市全体の暴走率が最低値になる。
【成功】  裏舞台の一部が公開情報となり、華羅市全体の暴走率が大幅に低下する。
【失敗】  裏舞台は秘密のまま、華羅市全体の暴走率が低下する。
【大失敗】  裏舞台は秘密のまま、華羅市全体の暴走率が少し低下する。

ページTOPへ
フツスサ 「あ〜あ、早く宵闇の者になりたいな〜」
「お前の実力だとまだまだだよ」
 短刀を交えながら少年達が言葉を漏らす。
『宵闇の者となり業魂フツスサを従えて、里の為に役立つ』
 それが、少年達の目標であり、全てであった。
 フツスサの里。
 その存在を知っている者は極少数に限られている。
 歴史の影で活動してきたフツスサ型業種は、その多くがこの里の出身者であった。
 少年達は、今朝も寝所からいつもの道場へと慣れた足取りで向かった。
 幼い日より来るべき儀式に向けて、彼らは修行を繰り返してきたのである。
 その日常は、突如として破られた。

 猛暑の余韻が残った10月が終わり、季節が足早に冬に向かっていた11月のある日。
 華羅皇神社の神主であり、華羅市の裏事情を治める人物の一人である御門重信は、目の前にいる宵闇の者達に向かって話し始めた。
「フツスサの里、という場所があるのじゃが、そこが全滅したらしい。」
ページTOPへ
●総合結果  『大成功』 裏舞台が大幅に公開情報となり、華羅市全体の暴走率が最低値になる。

●リプレイ
【業魔フツスサ】長老の遺言
暁4
シナリオ
 共通シナリオの一端です。
【業魔フツスサ】孤児救出
深海残月
シナリオ
 「フツスサの里にいる子供たちを助けて欲しいんです!」
【業魔フツスサ】陽動作戦
如月修羅
シナリオ
 共同シナリオです
【業魔フツスサ】陽動作戦
朱雀 翔
シナリオ
 陽動なので、遠慮なく派手に暴れて下さい。
ページTOPへ
ピンナップ
リプレイに関連したピンナップを作成する事で、ピンナップとイラストを組み合わせた形で特別リプレイとして表示できます。

<特別リプレイサンプル>

●イラスト発注方法
(1)挙手時に、クリエーターへの挨拶文に「関連ピンナップ」である事を明記してください。
(2)発注文章に、関連リプレイのURLを貼り付けてください。
(3)その他は、通常のピンナップと同じです。


アイコン
<マッチング発注画面(要ログイン)>
ページTOPへ
一つ前に戻る